コウモリの繁殖と子育て

コウモリの繁殖と子育て

日本に生息しているコウモリの種類は30種類程ですが、人の家屋を住処としやすいのはアブラコウモリです。おまけに屋根裏や屋根瓦の隙間などを住処とされると、フンによる悪臭や騒音などの被害が発生します。

かといってネズミのように粘着シートや毒エサで罠をしかけても、台所をウロウロとするワケではないので厄介なのです。ここではそんなコウモリを増やさないためにも、繁殖や子育てに焦点を絞ってご紹介いたします。

コウモリの繁殖のスケジュール

コウモリの繁殖時期

コウモリは、11月半ばから翌年の春まで冬眠をします。その後、冬眠から目覚めたコウモリは、春から秋にかけて活発に活動をします。そしてコウモリの繁殖時期は、7月頃で1年に1度だけ発情期を迎えます。

コウモリといえば、冒険ものテレビ番組を見ていると山の洞窟などに潜んでいることがよくあります。ところが、家屋を住処とするアブラコウモリと呼ばれる種類もいるのです。このアブラコウモリは、昼間の明るい間だけ屋根裏や屋根の隙間などにひっそりと潜んでいます。そして夜になると、蚊や蛾などの小さな虫を捕食するために一斉に飛び立ちます。

特殊な繁殖

コウモリの繁殖で特殊なのは、冬眠中に交尾を行う点にあります。そして夏の温かい季節を選んで出産を行います。従って、それまでの間は妊娠期間中なのかといえばそうではありません。メスコウモリは、交尾の際にメスの体内に入った精子がすぐに受精しないように保存しているのです。

しかも夏の暑い季節を選んで出産をするという理由ですが、冬の季節よりも春以降の温かい季節のほうが虫などのエサを捕食しやすいからです。実に計算された繁殖方法であると感心させられます。それから受精後の着床が遅れることを着床遅延といいます。この着床遅延タイプの哺乳類ですが、コウモリ以外にも熊やカンガルーもそうです。

コウモリの出産場所と出産方法

コウモリの出産場所

通常のコウモリは山の中の洞窟などで、天井にぶら下がった状態で出産をします。しかしながら、人の家屋を住処としているアブラコウモリに関しては、屋根裏や屋根瓦の隙間などで出産をします。いずれのコウモリも天井や高いところを住処とする大きな理由は、イタチなどの天敵に狙われないためです。

また家屋を住処とするアブラコウモリに関していえば、体長がわずか5㎝程しかありません。従って3㎝程度のわずかな隙間さえあれば、容易に侵入してしまうので注意が必要です。

出産方法

コウモリは見た目は鳥類ですが、れっきとした哺乳類です。そのため卵から子供が孵化するワケではありません。哺乳類と同じような出産方法です。また通常は逆さまにぶら下がった状態で休んでいるのですが、出産の時だけは頭を上にした状態になります。その代り翼の先にある小翼手というカギ爪を天井に引っ掛けながら、やはりぶら下がった状態で出産をします。

そうなると生まれた赤ちゃんは、天井から落ちるのではないかと心配になります。ところが地面に落ちないように、翼や尻尾についている膜などでうまく受け止めるのです。しかもコウモリの赤ちゃんも、人間と同様にへその緒で繫がった状態で生まれてくるのです。

コウモリの子育てとコウモリの独り立ち

コウモリの子育て

交尾の時だけオスとメスが一緒に過ごしますが、それ以外はオスとメスとは住処が別々です。要するにオスは子育てには関わりません。とりわけ人間の家屋を主に住処としているアブラコウモリは、7月頃出産をして屋根裏や屋根瓦などの隙間で子育てを行います。

おおよそ1回の出産で2~3匹の子供が生まれ、母親が住処にいる間はしがみついています。そしてエサの虫を捕食するために出かける際には、住処に置き去りにされます。また洞窟の天井や木の枝などを住処としているコウモリの場合、子供が天井から落ちてしまうこともあります。万が一そんな時に親コウモリが子供を見つけることができなければ、そのまま亡くなってしまいます。

コウモリの独り立ち

コウモリの赤ちゃんは、生まれてから2週間程母親の母乳を飲んで育ちます。そして2週間程で、毛も生えそろいます。その間はまだ飛ぶことはできないので、母親にしがみついています。

その後1か月程で飛べるようになり、虫の捕まえ方などを教わります。こうして母親からの愛情を受けて育ったコウモリは、1か月~1か月半ほどで独り立ちするようになります。

まとめ

コウモリの繁殖についてご紹介いたしました。とくに家屋を住処としやすいアブラコウモリは、フン害や騒音の被害が数多くあります。しかもフンにはカビ菌や様々な病原菌が潜んでおり、感染症を引き起こさないためにもシッカリとした廃棄処理が必要です。

コウモリの生態カテゴリの最新記事